Trial Lesson~♪

長々綴ってきた作品展記事もやっと終わったので、
通常のブログに戻りたいと思います!

生徒さんの作品や旅行のことなど、アップしたいことたくさん!
少しずつアップしていきますね。

先ずは、先日体験レッスンにお越し下さった皆さまの作品から~^^



b0139106_21181694.jpg



たまたま、3名様ともピンク系です♪

どの方のバラも最高に綺麗!
素晴らしいクオリティです。

初めての花びら作り。
驚くほどスイスイ~と問題なく出来た方も・・・
あら!難しい!無理かも!と最初苦戦する方も・・・
最後には可愛い~!楽しい~!と皆さま感激して下さいました。

アレンジも上品でとってもステキな仕上がりです。

下段のお二人は生徒さんのお友達。
作品展にもお越し下さって、体験受講して下さいました。

皆さま早速ご入会を決めて下さいました。ありがとうございます。
来週からレッスン開始です♪

DECOへようこそ!
これから一緒にクレイを楽しんで行きましょう^^







[PR]
# by hanairokatari | 2017-02-11 22:51 | アトリエより | Comments(0)

昨年12月に開催した第2回教室作品展から2か月・・・
ぽつぽつとしか更新しないため随分長く引きずってまいりましたが、
いよいよ最後となりました。

今日はあらためて感謝の気持ちを述べて、締めさせていただきたいと思います。

先ずは5日間の開催中にお越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。
嬉しいことに、朝9時台からお客様がいらっしゃって会場は始終賑わっていました。
遠くは三重から、山口、長崎・・・
時間を掛けてわざわざお越し下さり、心より感謝申し上げます。

作品展開催にあたり、たくさんのお花やお品物もいただきました。
受付では優しい香りに包まれてお客様をお迎えすることが出来、
会場には華やぎを添えていただき、皆さまのお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!


b0139106_01214407.jpg


そして、そして、作品展の主役の皆さまへ。

第1回から3年・・・
DECO35周年記念を機に、第2回作品展を開催することにいたしましたが、
生徒の皆さまにおいては、作品制作のため数か月間はカリキュラム進行を
止めてしまうことになります。
それにもかかわらず、快くご参加下さった26名の生徒の皆さま、
本当にありがとうございました!
クオリティの高い、素晴らしい作品を制作していただき、
心からの感激とともに感謝申し上げます!
また開催中は、会場設営から受付、撤収作業まで
何も言わなくても進んで行動して下さる皆さまが心強く、嬉しかったです。
ありがとうございました♪

作品展開催に至るまでには裏方作業もたくさんあります。
会場下見に始まり、会場予約・・・
クロス計測、会場配置決め・・・
ネームプレート制作、その他・・・
私ひとりではとても手が回らず、お手伝いいただいた皆さま、
K.Tさん、hana*soyokaさんirodorinowaさんDecoroccaさん、H,Iさん。
ご協力いただき本当に助かりました。ありがとうございました♪

そして今回のスペシャル助っ人・・・Heart Clayのkumikoさん
会場設営のお手伝いのために千葉から駆けつけてくれました!
言葉にならないほどの感謝です!!!
わずかな時間でしたが、忘れられない思い出になりました!
ありがとう!ありがとう!ありがとう♪

最後に、夫や母にも感謝を・・・
自由に好きなことをさせてもらい、その上協力してもらい・・・
家族の理解がなければとても実現できません。
いつも見守ってくれて、本当に本当にありがとう~!



作品展の5日間、幸せでした!  すべてに感謝です!


数年後、次の第3回作品展が開催できるよう、
これからまた頑張って行こうと思います。



10回以上にわたる作品展記事。
お読みいただき本当にありがとうございました。





[PR]
# by hanairokatari | 2017-02-10 02:24 | 作品展2016 | Comments(0)

1月は結構まじめに更新しましたが、
このところ色々と忙しくて1週間ぶりの更新です^^;

いよいよ作品展の最後の作品紹介です。

こちらの作品は、昨年のDECOクレイクラフトアカデミーの35周年記念として
制作した作品です。
昨年発売となった記念作品集には掲載いただきましたが、
作品展にて実物展示いたしました。



b0139106_01062744.jpg



作品集掲載の作品タイトルは、「風薫る春を届けます」

花束、カゴ、帽子、イス・・・すべてクレイです。
展示していても、にわかにそうは見えないようなので、
すべてクレイです!とポップを貼りました。

花束には、バラ、ラナンキュラス、ライラック、パンジー、ムスカリ、
リキュウソウ、ダスティミラー、その他・・・

カゴも一応持てることは持てるのです。
もちろん実際には使えませんが・・・

帽子も子供ならかぶることができますよ♪

イスも実際に座れるくらいの大きさですが、
絶対にそれは不可です! 即刻壊れます^^;



b0139106_01064438.jpg



カゴも帽子もイスも、たくさんの方が驚いて下さいました。

カゴは編むだけなら意外と簡単なのです。
ただ土台を作るのが大変でした。
帽子は模様を付けていく途中で失敗に見えたのですが、
そのランダムな感じが返って良かったみたい!

イスの脚と座面の部分の芯は木です。
すべてクレイで包み、巻き、木の風合いを付けています。
背の部分は木でなくスタイロ。
各部分はすべてボンドで接着しているだけなので、実はグラグラ~!
前述の通り、座ったりしたアウトです~!
実は作品展後の撤収の際に、脚が1本バキッと取れてしまいました。
でも大丈夫、ボンド付けして今は元通りです^^

この作品についても、多くの方から嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
作品前で立ち止まって、
えっ!イスも?とか、カゴも?とかのお声を聞くと、
やった♪と心の中でガッツポーズをしちゃったりなんかして~♪
嬉しかったです。

皆さま、ご覧いただき本当にありがとうございました。


作品紹介はこれまでです。
長く長く引っ張ってきましたが、お読み下さりありがとうございました。
あと1件だけまとめを書いて終了にいたしますので、
次回までお付き合い下さいませ。





[PR]
# by hanairokatari | 2017-02-04 02:07 | 作品展2016 | Comments(0)

前回、2体のお人形を紹介しましたが、
作品展用にもう1体作ったので紹介させて下さい。

こちらは、白無垢の花嫁です。

赤の差し色も考えましたが、すべて白に。
打掛は絹のようなツヤ感を出し、
袖のたもとと裾の部分に少しだけ金の煌めきを散りばめています。



b0139106_10482783.jpg



私自身も実際白無垢を着たのですが、その時は角隠しでした。
でもそれをクレイで作るのが大変そうだったのと、
着脱可能ということもあり綿帽子にしました。

髪型の文金高島田、忠実ではありませんが雰囲気出てるでしょ^^

本当はかんざしも付けるのですが、綿帽子を被せた時に邪魔になるので
今回は省略しました。

唯一、櫛のみべっこう風の市販品。
あとはすべてクレイです^^


b0139106_10483567.jpg



なぜ白無垢のお人形だったのか・・・それは、
9月に行った夜カフェイベントで美しい花嫁姿を見たのがきっかけでした。
間近でゆっくりと着物自身に着目することはなかったので、とてもいい刺激でした!!!

クリエイティブコースで花魁を作っているので、
少しアレンジすれば出来るだろう・・・と簡単に思っていたのです。
ところが要所要所で違いがあるので、思っていた以上に大変で・・・^^;

カリキュラムの花魁よりも大きなサイズで作ったため、どれも試行錯誤。
打掛の合わせ、袖、後ろ姿・・・何度も作り直しました^^;

そして最後に綿帽子。
意外とこれも一筋縄ではいかなかったのです~!!!!!


でも納得するまで頑張って良かった!
お人形の前でたくさんの方が足を止めてご覧下さいました♪
特に男性からも好評で♪
着物は布なんでしょう? え?クレイなの?・・・と、
なんとも嬉しいお言葉を何度か頂戴しました。感激でした~!

あっ、つい納得するまでなんて書いてしまいましたが、
まだまだ課題はいつくもありますよ。
それでもここまでチャレンジできたことに今は満足してます。


いつか隣に新郎を作ってあげたいけれど・・・
今はまだ、男性の顔は無理〜^^;


作品展での作品紹介もあとひとつとなりました。
残すは35th記念作品のみです。





[PR]
# by hanairokatari | 2017-01-28 02:07 | 作品展2016 | Comments(0)


2月のレッスンスケジュールです。

   1日 (水)  午 前    午 後   
   2日 (木)  午 前    午 後 ×
   7日 (火)  午 前 ×   午 後
   9日 (木)  午 前 ×   午 後 ×
  10日 (金)  午 前 ×   午 後 ×
  11日 ()  午 前    午 後
  14日 (火)  午 
 ×   午 後 ×
  15日 (水)  午 前    
  16日 (木)  午 前    午 後 ×
  19日 ()  午 前    午 後 △
  22日 (水)  午 前    午 後
  23日 (木)  午 前 ×   午 後 ×
  24日 (金)  午 前 ×   午 後 ×
  28日 (火)  午 前    午 後


      × :満席  △:残わずか



(生徒の皆さまへ)

これまで、ご予約はメールやLINEで日程をご確認いただいておりましたが、
何度もやり取りすることとなり、ご面倒をお掛けすることが多々ありました。

今後は前月中頃に次月のスケジュールをアップしますので、ご活用下さいませ。

尚、満席等の入力のタイミングがずれることや、
都合等により予告なしにレッスン日の増減もあるかと思います。
ご了承いただき、予約時には出来るだけこちらの状況をご確認下さいますよう、
よろしくお願い申し上げます。









[PR]
# by hanairokatari | 2017-01-26 21:21 | レッスンスケジュール | Comments(0)


先に紹介したお花のアレンジを作り終えたのが11月初めのこと。

フラワーだけでなく、一応造形も志しているので、
造形作品を何か・・・と考えて、
やはり造形と言えば=お人形を作ることに!

ドレス人形は生徒さんのカリキュラム作品や検定作品で
たくさん展示予定にしていたので、それとは違う形のものを、
ということで現代風にチャレンジ!

そして出来上がったのがこちらの2点です。



b0139106_00392755.jpg



b0139106_00474815.jpg



立ったタイプと座ったタイプ・・・
どちらも初めて作る形だったので、これもまた試行錯誤。

どういうシチュエーションにしようかな・・・
どんな動きにしようかな・・・
どんな洋服で何色にしようかな・・・
タイツの色は・・・ブーツの色は・・・

二人はね、同一人物ですよ。
カジュアルな時と、ちょっとオシャレしてお出掛けの時。
なのでメイクも少し変えてます。



b0139106_00305821.jpg




もっと重厚感のあるものや動きや雰囲気のあるもの、
造形的作品に比べると技術はまだまだです。
でも今の私としては会心の出来!

ふわりと軽い雰囲気で親しみやすいお人形として見ていただけて、
可愛い~とたくさんお声をいただきました。
ありがとうございました!

いつか時間が出来れば、シリーズとして増やしていきたいかな。
でももっと上手にできるといいけれど。


そうそう、この子がね、
私に似てる!って色々な方から言われました。

えっ! 結構美人さんに描いたつもりなんですけど~^^;
全然、似てませ~ん^^
願望が形に現れたのかも^^;


実はもう1体、挑戦したお人形があります。
それはまたに~^^






[PR]
# by hanairokatari | 2017-01-24 01:38 | 作品展2016 | Comments(0)

前回に引き続き、私の作品を紹介させていただきますね。


こちらの作品は、グリーンいっぱいのアレンジ。

どちらかと言うと葉物グリーンが主役の
オリエンタル・トロピカルな大人っぽい雰囲気で仕上げてみました。



b0139106_22380939.jpg


お花は紫色のバンダとチューバローズ。
葉は、タニワタリ、斑入りハラン、斑入りの葉いろいろ・・・
多肉のキセログラフィカ。
そしてグリーンの実とツタ。 オールクレイです。

タニワタリ、ハランなどの葉は、
どうやって作るかから始まり、大きく作ることも目標だったので、
色々と試行錯誤しながらの制作でした。
色塗りも成功したり、失敗したり・・・^^;

お花はエキゾチック感も出したくて、変わり種のバンダに。
また高さを出すために花茎の長いチューバローズにしました。

キセログラフィカも存在感あるようにビッグサイズで!



b0139106_01011190.jpg



この花器、素敵でしょう♪
最近お気に入りのオシャレなお花屋さんで見つけたものなんです。
少し大きいかな~と心配もしたけれど、アレンジしたところグッドサイズでした!
この花器にしたことによってより雰囲気も増したようです♪


このアレンジも、
クレイを初めて知った皆さまにはとっても驚いていただけたようで、
えっ!この葉っぱも粘土なの~?という声をたくさん頂戴しました。

友紀子先生や本部の先生方が作られる葉にはまだまだ及びませんが・・・^^;

でも、今までに作ったことがないようなものに挑戦できたことに、
とっても満足しています!


ただ、なかなか大きなアレンジなので、
作品展が終わった今となっては自宅での置き場所に困っています^^;






[PR]
# by hanairokatari | 2017-01-22 21:10 | 作品展2016 | Comments(0)